離乳食スタート@10倍がゆ

 10倍粥本日、お夏の離乳食を開始しました。
お夏は今日で5か月目最後の日。

本当は満6か月で始めようと思っていたんだけど、日曜日の方が家族もいるので離乳食の準備がしやすいかなと思いなおし本日から挑戦することにしましたvv
初日なので、多くの日本のベビーが最初に食べるだろう『10倍粥』に挑戦ですvv

ミルクしか知らない赤ちゃんの消化器官はまだまだ未熟なので、1番最初の離乳食には消化しやすいおかゆがベストです!
アレルギーの心配も少ないのですからねv

本日、初の離乳食なので生米から作ってみます。

【材料】
米 大さじ1
水 150cc
※生米からお粥を作る際、お米とお水の割合は1:10
お米大さじ1(=15g)なので水は150cc、つまり、お米の計量カップ1cup(1合)分作るのなら)、お水は計量カップで10杯かな
だから10倍がゆなんですね(^ω^)

【調理方法】

10倍粥作り1、といだ米と水を鍋に入れ、20~30分おき米に水を吸水させる。
10倍粥つくり2、鍋にふたをして強火にかける。沸騰したら弱火にして、ふたを少しずらして、50分ほどグツグツ。
※必要であれば、水を少しずつ足し固さを調整すること。
 この時、お米を掻き混ぜないように注意!
 混ぜるとねばねばしちゃうよ。
3、火を止めふたをして、10分ほど蒸らす。
10倍粥レシピ4、赤ちゃんが食べやすいように、こし器orすり鉢で米をすりつぶして完成。
※1回食の間はこして、2回食以降はすりつぶすとよい。

多めに作って、離乳食用小分け冷凍トレーに入れて冷凍保存しておくと便利ですよ。
製氷皿に入れると、とりづらくなるので、できれば専用のトレーを使ったほうがいいと思います。
冷凍したものは1週間で使い切るようにしましょう。

【実践メモ】
私は最初、2倍量の米大さじ2、水300ccで作り、1週間と少しの量ができました。
(離乳食初期:1食あたり小さじ3杯)
ただ、水気が少ないように感じたので、調整しながら水を足して上手に作れば、もう少し大目にできるのかも?

実際に作ってみて、ガスコンロの火加減やお鍋の熱伝導によって、出来上がりが大きく変わりそうな気がしました。。
最初はガスよりも炊飯器で作ったほうが、出来上がりの雰囲気がわかってよかったかもしれません(汗


 

さて、早速小さじ1さじ分を茶碗にもって、お夏にあげてみると…

あーんと大きなお口をあけました。

10倍がゆを口に入れてあげると、スプーンを引き出せないくらい強く口を閉じて(笑)…ごっくん。

おぉ、すごいすごい。

小さじ1さじとはいえ、ベビースプーンで与えると5さじ強くらいの量になったけど、あっという間になくなっちゃいました!
最後の一口は自分からスプーンをもって押し込んでいたし…ほんと、すごいな。

いつも大人がご飯を食べている様子を目で追ってたものね。
早くご飯を食べたかったのかな??



スポンサードリンク

【関連記事リスト】
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>