たまごアレルギーの可能性がある場合

いざ離乳食を開始するにあたり、わからないことを栄養士さんに聞いてみましたv

Q.子供のころ、ママがアトピー性皮膚炎で、かつ、卵アレルギーでした。
たまごボーロを食べすぎると、蕁麻疹(じんましん)がでて、痒いのか体中を掻いていたようです。

今は、アトピーは治っていますが、自分の子供の卵アレルギーの可能性を考え、卵には慎重になったほうがいいですか?

A.基本的には、現在のルール通り、それぞれの食品を食べ始める開始時期を守って進めれば問題ないそうです。

というのも、今回の私の症状からさっするに、昔は離乳食を始める時期が今よりも早く、早いうちから卵を食べ始めたことが原因で、アレルギー反応が出たと考えられるからだそうです。
(これは、あくまでも私の場合なので、心配がある場合はちゃんとお医者さんに相談してくださいね!)

現在、卵は7~8か月から始めることが推奨されているので、その時期を守って食べさせてあげるように言われました。
また、もしも、ママが不安なら8カ月から始めればいいそうです。

離乳食に関しては、早い時期から食べ始めると、アレルギーなどの心配があるそうですが、遅く始める分には全く問題ないそうです。

ただし、卵はパンやパスタなどにも含まれているから、それらすべてを食べないとなると離乳食のバリエーションを増やすのに苦労するとのことでした。

ちなみに、赤ちゃんのアレルギー症状は顔に赤い発疹がでるか、下痢になるかだそうです。
また発疹は、ほとんどの場合30分以内にでるそうです。

卵に限らず、注意すべき点は、赤ちゃんが喜ぶもの(赤ちゃんが好きなもの)ばかり与え続けないこと。
同じものだけを与え続けると、おのずと摂取量が多くなり、アレルギーの原因の1つになるそうです。

糖質、タンパク質、ビタミン・ミネラルをバランスよく与えて、食品自体も偏らないようにしてあげましょう。
(もちろん最初のうちは、まず食べ物をごっくんできることだけを考えればいいそうですよv)



スポンサードリンク

【関連記事リスト】
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>