しいたけの下ごしらえ

離乳食用シイタケの下ごしらえしいたけ(きのこ)は食物繊維が豊富です。

離乳食中期から食べれますが、干ししいたけは生に比べ硬いので離乳食後期ごろから使用するのがおすすめです。

また、栄養素は水に溶けやすいので、しいたけをゆでた茹で汁をダシとして使うことをおススメします!


 

スポンサードリンク

下ごしらえ方法

離乳食用シイタケの下ごしらえ1、シイタケの石づきと軸を切り落とし、さっと水で洗う。
※軸の部分は、傘に比べ少し硬いのでシイタケを食べなれてから食べるようにしましょう。
※大人用のキノコは水で洗う必要はありませんが、赤ちゃん用なので、念のために水洗いすることをおススメします!

 

離乳食用しいたけの下ごしらえ2、水から柔らかくなるまでシイタケを茹で、ザルにあげる。
※茹で汁は捨てずにとっておくこと!

 

3、時期に応じた形状に整え完成!
※中期:細かいみじん切り(すりつぶすと尚良し)、後期:細かいみじん切り、完了期:粗いみじん切り

 

多めに作って、離乳食用小分け冷凍トレーや製氷皿に入れて冷凍保存しておくと便利です。

冷凍したものは1週間で使い切るようにしましょう。

椎茸(しいたけ)の下ごしらえ茹で汁には、椎茸の栄養素がたくさん染み出ているので
離乳食用小分け冷凍トレーや製氷皿に入れて冷凍保存してくださいね!

捨ててしまっては、もったいないですよ。

【離乳食中期のレシピ】
※ 離乳食中期には挑戦しませんでした
【離乳食後期のレシピ】
 これから挑戦しますっ
【離乳食完了期のレシピ】
椎茸とニンジンのあんかけ豆腐


スポンサードリンク

【関連記事リスト】
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>