かき菜の下ごしらえ

かき菜の下準備かき菜は、春先に出回る青菜で、ほうれん草よりも、カルシウム、ビタミン、ミネラルなどの栄養価が高いといわれています。

かき菜の茎の部分は固く、離乳食には不向きですが、葉の部分は甘みもあり、離乳食初期から食べることができます。


 

スポンサードリンク

下ごしらえ方法

  幼児食用かき菜1、かき菜の葉と茎の部分を分け、葉をしっかり洗う。
※茎は硬いので、離乳食には不向きです。大人が食べてあげましょう。

 
離乳食用かき菜2、鍋にお湯を沸かし、沸騰したらかき菜を入れ茹でる。  
離乳食用カキナ3、かきなが柔らかくなったら、冷水に入れあくを抜く。  

かき菜の下ごしらえ4、時期に応じた形状に整え完成!
※初期:ペースト状、中期:細かいみじん切り、後期:粗いみじん切り、完了期:1cmくらい

 

初期から食べられる栄養価の高い食材です。

ただし、春先にしか食べることができないのでタイミングが合えばお試しください。

多めに作って、離乳食用小分け冷凍トレーや製氷皿に入れて冷凍保存しておくと便利ですよ。

冷凍したものは1週間で使い切るようにしましょう。

~娘に作ったレシピの紹介~

【離乳食初期のレシピ】
※ 離乳食初期には挑戦しませんでした
【離乳食中期のレシピ】
※ 離乳食中期には挑戦しませんでした
【離乳食後期のレシピ】
※ 離乳食後期には挑戦しませんでした
【離乳食完了期のレシピ】
※ 離乳食完了期には挑戦しませんでした


スポンサードリンク

【関連記事リスト】
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>