ピーマンの下ごしらえ

【離乳食】ピーマンの下ごしらえピーマンはビタミンCが豊富な食材です。

ただし、独特の苦みがあるので苦手なお子様も多いはず。
ピーマンより甘みがあり、食べやすいパプリカに慣れてから挑戦してみてはいかがでしょうか?

ピーマンもパプリカも、離乳食中期から食べれますよ。


 

スポンサードリンク

下ごしらえ方法

【離乳食】ピーマンの下ごしらえ1.ピーマンをよく洗い、オーブントースターで表面を焼く。
※魚グリルやガスコンロでも代用できます。

 

【離乳食】ピーマンの下ごしらえ2、ピーマンの皮をむき、種を取る。
※ピーマンの皮は薄目ですが、手で引っ張ってあげるとむけますよ

 

3、ピーマンを時期に応じた適当な大きさに整える。
※中期:細かいみじん切り、後期:粗いみじん切り、完了期:1cmくらい

 

ぐつぐつ茹でて、ピーマンの皮をむいてもOK!

お好みの方法で下ごしらえしてください(^ω^)

多めに作って、離乳食用小分け冷凍トレーや製氷皿に入れて冷凍保存しておくと便利ですよ。

冷凍したものは1週間で使い切るようにしましょう。

~娘に作ったレシピの紹介~

慣れてくると、だんだんおおざっぱ…もとい! 応用が利くようになってきました。
(マンネリにもなったけど…/苦笑)

 離乳食づくり、抜けるところは抜いてつつ楽しんでくださいねぇ~vv

【離乳食中期のレシピ】
※ 離乳食中期には挑戦しませんでした
【離乳食後期のレシピ】
スパゲティナポリタン
オムライス
【離乳食完了期のレシピ】
 ピーマンの魚肉づめ


スポンサードリンク

【関連記事リスト】
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>