枝豆の下ごしらえ

【離乳食】枝豆の下ごしらえ枝豆は熟す前の大豆なので、豆特有の良質なたんぱく質や野菜に置く含まれるビタミンなどが摂取でき、栄養価が高い野菜です。

離乳食中期から柔らかくゆでたものを食べることができますよ。


 

スポンサードリンク

下ごしらえ方法

【離乳食】枝豆の下ごしらえ1、枝豆を茎から取り外し、水洗いする。

 

2、沸騰したお湯で、柔らかくなるまでエダマメを茹で、ザルにあげる。

 

 【離乳食】枝豆の下ごしらえ3、マメをさやから取り出す。

 

【離乳食】枝豆の下ごしらえ 4、マメの周りの薄皮を剥く。
※指で押してあげるとするっとむけます。難し場合は、水の中で剥くと剥きやすいですよ。

 

5、時期に応じた形状に整え完成!
※中期:細かいみじん切り、後期:粗いみじん切り、完了期:軽くつぶす。

 

多めに作って、離乳食用小分け冷凍トレーや製氷皿に入れて冷凍保存しておくと便利ですよ。
冷凍したものは1週間で使い切るようにしましょう。

エダマメは、長くゆでると、さやは柔らかくなりますが、中のお豆は硬いままの場合があります。
茹でたお豆は、毎回硬さを確認してあげましょう。

また、お豆が硬かった場合、使用する前でかまわないので
しっかり再加熱し、柔らかくしてあげましょう。

【離乳食中期のレシピ】
※ 離乳食中期には挑戦しませんでした 
【離乳食後期のレシピ】
豆腐と枝豆のおやき
枝豆サラダ 
【離乳食完了期のレシピ】
※ 離乳食完了期は新しいメニューには挑戦しませんでした。


スポンサードリンク

【関連記事リスト】
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>