葡萄(ぶどう)の下ごしらえ

離乳食用葡萄(ぶどう)の下ごしらえブドウは、ビタミンやミネラルが豊富で、ヨーロッパでは「畑のミルク」と呼ばれるそうです。

ブドウは、離乳食中期から食べることができます。


 

スポンサードリンク

下ごしらえ方法

離乳食用葡萄(ぶどう)の下準備1.ブドウの皮を剥く。

離乳食用葡萄(ぶどう)の下ごしらえ2.ブドウのタネを取り除き、時期に応じた適当な大きさに整える。
※中期:細かく刻む、後期:食べやすい大きさ、完了期:食べやすい大きさ

 冷凍保存する場合は、房から実を外し、皮が付いた状態のままビニール袋などに入れ冷凍します。

最近は、種なしブドウも多く出回っているので、利用すると便利です。

写真は巨峰ですが、デラウェアなど小粒のぶどうは、切らずに食べる際い、ちょうどいい大きさ!

食べさせやすかったですv

 

【離乳食中期のレシピ】
※ 離乳食中期には挑戦しませんでした
 【離乳食後期のレシピ】
※ 離乳食後期には挑戦しませんでした
【離乳食完了期のレシピ】
※ 離乳食完了期には挑戦しませんでした

 ※我が家は皮を剥いただけの生ブドウを食べていました。



スポンサードリンク

【関連記事リスト】
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>