りんごの下ごしらえ

【離乳食】林檎(リンゴ)の下ごしらえリンゴは、酸味が少なく、加熱すると甘さがますので、離乳食として使いやすい果物です。

また、すぐにエネルギーになりやすい果物で、疲労回復効果もあるので、体調が悪い時にも積極的に使いたいですね。

りんごは離乳食初期から食べることができます。


 

スポンサードリンク

下ごしらえ方法

■すりおろしリンゴ
【離乳食】林檎(リンゴ)の下ごしらえ1、リンゴの皮をむく。
【離乳食】林檎(リンゴ)の下ごしらえ2、林檎をおろし金で素早くすりおろす。

【離乳食】林檎(リンゴ)の下ごしらえ3、鍋にすりおろし林檎と水を少々加え、弱火でひと煮立ちせる。

 

■角切りリンゴ

 1、皮をむいて、芯を取り除いた後、適当な大きさに切る。
※初期:ペースト状、中期:細かいみじん切り、後期:粗いみじん切り、完了期:1cmくらい

 2、耐熱皿に林檎をのせ、ラップを軽くかけて加熱する。
※茹でてもOKですが、電子レンジのほうが味がしっかりしている気がします。

リンゴは生で食べさせることもできますが、冷凍保存する場合は加熱することをお勧めします。

多めに作ったものは、離乳食用小分け冷凍トレーや製氷皿に入れ冷凍保存しておくと便利です。
作ったものは1週間で使い切るようにしましょうネ。

また、後期や完了期に入り、大きめの形でリンゴを食べさせる場合は、加熱してあげたほうが柔らかくて食べやすいですよ。

【離乳食初期のレシピ】
りんごのすりおろし
【離乳食中期のレシピ】
りんごサラダ
カブのムース
ニンジンとリンゴのヨーグルト
サツマイモとりんごのヨーグルト
りんごとレーズンのヨーグルト
 【離乳食後期のレシピ】
アップルポークソテー
  【離乳食完了期のレシピ】
さつまいもとリンゴのきんとん
ニンジンとリンゴのすりおろしヨーグルト
 離乳食用リンゴのコンポート


スポンサードリンク

【関連記事リスト】
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>