京芋の下ごしらえ

京いもの下ごしらえ京芋は海老芋(えびいも)とも呼ばれ里芋の一種で、特徴的な食感のお芋でファンも多いはず。

里芋同様、とろみが肌の弱い赤ちゃんには刺激となり、かゆみを引き起こす原因になるので、肌につかないように気を付けてあげましょう。

その点も踏まえ、京芋は離乳食中期から使用することをお勧めします。

 


 

スポンサードリンク

下ごしらえ方法

京芋の下ごしらえ1.京イモをよく洗い、皮をむく。
※京イモを洗ったあと、電子レンジで加熱しても皮を簡単に剥くことができますよ。

 

京芋の下ごしらえ2、鍋に京イモが浸るくらいの水を入れて、火にかけ、柔らかく煮る。
※和風だしなどで直接煮てもOKですが、一度下ゆでしたほうが味が染みやすいですよ

 

3、すりつぶしたり、刻んだりして、時期に応じた形状に整える。
※中期:細かいみじん切り、後期:粗いみじん切り、完了期:1cmくらい

 

一度下準備してから和風だしなどで煮ると味が染みておいしいですv

多めに作って粗熱が取れたら、離乳食用小分け冷凍トレーや製氷皿に入れて冷凍保存しておくと便利ですよ。

【離乳食】里芋(さといも)の下ごしらえもしくは、冷凍保存用のビニール袋に入れた状態でつぶし、そのまま冷凍しちゃってもOK
左の写真のように、冷凍前に、分け目をつけてから冷凍すると、使用するときパキッと割って使いたい分だけ使用できるので便利ですよ

冷凍したものは1週間で使い切るようにしましょう。

【離乳食中期のレシピ】
※離乳食中期は挑戦しませんでした。
 【離乳食後期のレシピ】 
 ※離乳食後期は挑戦しませんでした。 
 【離乳食完了期のレシピ】 
京芋の煮物


スポンサードリンク

【関連記事リスト】
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>