油揚げの下ごしらえ

油揚げの下ごしらえ油揚げは良質なたんぱく質を含む食材の1つです。 ただし、豆腐を揚げた食品である為、脂質も多く含んでいます。

脂質は赤ちゃんの身体に負担をかけるので、離乳食後期・完了期(1歳過ぎ)ごろから少量ずつ使用することをおススメします。

続きを読む

青魚の下ごしらえ

離乳食用青魚の下ごしらえ青魚(アジ、イワシ、サンマ、サバなど)は、魚の中でも脂分が多いので、白身魚と赤身魚を食べれた、離乳食後期から食べることができます。

ただし、アレルギーを引き起こす心配があるサバに関しては、離乳食完了期から始めたほうがいいでしょう。
続きを読む

鮭缶(水煮缶)の下ごしらえ

【離乳食】鮭缶の下ごしらえ離乳食中期からは缶詰も利用できます。

長期間保存可能で、いざというとき手軽に使えるだけじゃなく、通常のお魚よりも、アレルゲンが抑えられています。

ただし、鮭缶は塩分も多いので中後期は少量を心掛けましょう。

続きを読む

豚肉の下ごしらえ

【離乳食】豚肉の下ごしらえ豚肉は、脂肪分の少ない鶏肉に慣れた、離乳食後期頃から食べることができます。

脂肪は赤ちゃんの消化の負担になるので、離乳食期間中は、脂身は避け、モモ肉、ヒレ肉、肩肉などの赤身肉を中心に食べましょう。

続きを読む

鶏肉(鶏もも&鶏胸肉)の下ごしらえ

【離乳食】鳥肉の下ごしらえ鶏肉は、ほかの肉に比べ、脂肪分が少なく、赤ちゃんの消化に優しいお肉です。

ササミから食べ始め、ムネ肉、もも肉の順で食べることをおススメします。

離乳食中期から食べることができますが、ササミやムネ肉を食べなれた後期ごろから、もも肉に挑戦してみてはいかがでしょうか?

続きを読む

赤身魚の下ごしらえ

【離乳食】赤身魚の下ごしらえ赤身魚(マグロ、カツオ、カジキ、ブリ、ハマチなど)は、鉄分が豊富で、離乳食中期から食べることができます。

ただし、脂質の多いブリなどの赤身魚は、マグロやカツオなどの赤身魚に慣れてから食べましょう。

続きを読む