食物アレルギーについて

近年、食物アレルギーについて何かと話題にあがるようになってきましたよね。 情報も多く、ママやパパの心配は増える一方ではないでしょうか。

かくいう私もその1人。

食物アレルギーについて調べてみました。

■食物アレルギーとは

食物アレルギーとは、食物の中に含まれているタンパク質などのアレルゲン(原因物質)が、自分の体にとって「異物」と判断して過剰に反応してしまう状態のことをさします。

■アレルギーを起こしやすい食物

鶏卵、牛乳、小麦粉の3つが、3大アレルゲンと呼ばれ、最もアレルギーを起こしやすい食物です。

かつては鶏卵、牛乳、大豆といわれていましたが、近年パンやパスタなど、小麦の消費量が増え、幼い時期から食べる習慣がついた為、小麦アレルギーの発症率が上がったという説が有力なようです。

これら食物は、食べることを避けるのではなく、定められた開始時期を過ぎた後、卵はしっかりと過熱し黄身から少しずつ与え、牛乳は過熱して使用するなど、「しっかりと火を通すこと」を意識して与えましょう。 特に卵の栄養価を考えると、アレルギーを恐れて与えないよりは与えるほうが好ましいそうです。 ただし、親にアレルギーがある場合は、専門の医師に相談しながら進めましょう。

■アレルギーの症状

アレルギーの主な症状は以下の通りです。

・湿疹、蕁麻疹(じんましん)、かゆみ ・口唇の腫れ、かゆみ ・嘔吐、下痢 ・喘息(ぜんそく)、咳

ただし、乳児期には湿疹等の皮膚の異常となって現れる場合が多いです。

そのため、食後、1時間以内に顔が赤くなったりしたら注意が必要となります。 もしもそのような反応が出た場合、アレルギーの可能性がある食材をお休みしましょう。 そして、2、3日後に再び食べさせ、赤くなった場合はアレルギーの可能性が高くなりますので、病院へ行きましょう。

もちろん、症状がひどかったり、親にアレルギーがある場合など、子供のアレルギーが心配される場合は早めに診断を受けましょう。



スポンサードリンク

【関連記事リスト】
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>